2018年07月17日

全国高校野球 県大会3回戦を観て

7月16日(月)
第100回 全国高校野球選手権記念大会
茨城県大会(3回戦)常磐大高戦を観戦しました。

記憶の中の二つ

一つ

応援の女子高生
汗びっしょりかきながら、
満面の笑顔で応援を、やり切りました。
この子は、大人になって高校の思い出はと問われた時、
夏の大会で汗びっしょりになりながら、
皆と応援し楽しかったことと答えるだろうな。
自分の人生の思い出の一つと。
それぐらい満面の笑顔でした。

二つ

ピンチでマウンドに集まった時、
伝令の選手が、右隣の選手の体を抱くと、
抱かれた選手が、また右隣の選手の体を抱く。
右の流れは、ピッチャーの体まで届き、
そして、左からの流れもピッチャーの体まで届きました。
声は聞こえませんが、
その手は、何度も何度も、ピッチャーを励まし、
「守りは、俺に任せろ。
 俺は、お前を信じている。」
と言っていました。


生徒達、選手達、
高校生活の1ページを、自ら築いていました。
また、保護者や先生方、
その1ページが光り輝くよう、行動していました。

ありがとうございます。

PTA会長 櫛田武伯
posted by 明秀日立PTA at 14:54| 本部よりお知らせ