2018年09月09日

食べること、世界を知ることに参加して

「料理を教えてもらう」というによって、その国の現状や文化、歴史がみえてくる…目から鱗でした。
なかなか料理を教えてもらえない経験から、コミュニケーションやその土地の言葉を学ぶ必要性を感じ、実践されてこられたというお話は「学ぶこと」の意味を改めて考えるきっかけになりました。
自分とは違う「生き方」を聴けることは、世界観が広がります。多くの生徒さんたちに聴いていただけなかったのは残念です。

試食もいただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。
準備してくださった関係者の皆様、ありがとうございました。

文化委員 和田 靖子
1536394840034.jpg
posted by 明秀日立PTA at 07:52| 文化委員会