2017年08月29日

困ったことは成長の糧

日本を美しくする会
相談役 鍵山秀三郎様より頂戴した本より

「困ったことは成長の糧」

経理の仕事をしている途中、金属のプレス作業を命じられ、
戦争で焼けたジープやハーレーダビッドソンの解体・組立、
夜に入ると英文書類のタイプ打ち、米軍基地での入札準備、
翌日は明け方から塗装作業など、
これは私が若いころに携わった仕事のほんの一部です。

二十歳で疎開先の岐阜県から上京し勤めた会社は、
その場その場で上司から命じられた仕事は、
何であっても、やるしかなかったのです。

「困難だ、難しい、大変だ、苦しい。」
といった言葉が全て当てはまる職場でした。

しかし、私は耐えることが出来ました。
今は、私に不条理で不都合な命令を下した上司に
感謝すらしているのです。

何故ならば、その時代に、私に備わっていた能力を
はるかに超える仕事を命じられたことによって、
わずかな年月で、格段の能力向上を果たすことが出来たからです。

もし、私が若い時に、
自分の能力の範囲に収まる仕事だけをしていたとしたら、
今はただの能無し高齢者になっていたことでしょう。

困ったことが人生の道を拓いてくれる。

                鍵山秀三郎

---お知らせ---

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

           PTA会長 櫛田武伯
posted by 明秀日立PTA at 13:33| 本部よりお知らせ

2017年08月26日

「清風掃々」 その6

茨城掃除に学ぶ会 代表世話人
塚越康男様より頂戴した冊子 「清風掃々」 その6

新聞記事

道に新聞紙や折り込みチラシが、
大量に散乱していた。

一度そのまま通り過ぎたものの、
「何もしていない自分に辛くなった。」
と戻って来た。

余りにも大量なため、コンビニでゴミ袋を買い、
交通が激しい為、青信号になる度に拾い続けた。

「女子高生が落とした荷物を
 一人で拾っている。
 可哀相だから助けてほしい。」
と警察署に連絡が入った。

署員が到着した時、
ゴミ袋三袋分が既に回収されていた。
安心した女子高生の目から涙が流れた。

署長から感謝状が贈られ、

「学校でもやっているので、
 当り前と思って拾いました。」
     (女子高生の言葉)


------------

お知らせ

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

     PTA会長 櫛田武伯
posted by 明秀日立PTA at 19:38| 本部よりお知らせ

2017年08月25日

「清風掃々」 その5

茨城掃除に学ぶ会 代表世話人
塚越康男様より頂戴した冊子 「清風掃々」 その5

トピックス抜粋

鍵山相談役は若い頃、
心を磨く為に禅寺に行かれたそうです。

「禅寺というような特別な所に来て、
 座禅という特別なことをしないと
 心が磨かれないと思ったら大きな間違いだ。」

「毎日の生活の中で、あなたが毎日やる仕事の中で、
 当り前のことに心を込めることによって、
 あなた自身が磨かれるんだ。」


「目に見えない心を磨く前に、
 まずは目に見えるものをしっかり磨きなさい。

 目に見えない心は磨きたいと思っても磨きようがない。
 だから、最初に目に見えるものをしっかり磨きなさい。
 それを一生懸命やっているうちに、
 気がついたら目に見えない心も磨かれている。」


------------

お知らせ

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

     PTA会長 櫛田武伯

posted by 明秀日立PTA at 15:05| 本部よりお知らせ

2017年08月22日

「清風掃々」 その4

茨城掃除に学ぶ会 代表世話人
塚越康男様より頂戴した冊子 「清風掃々」 その4

参加者の感想

ある参加者

見えない所を、如何に綺麗にするかにこだわった。
他から「すごく綺麗。」という声がすると、
やはり見える所を綺麗にした方が、
良かったかと思ってしまったが、
見えない所を綺麗にすることに、
最後までこだわって出来たことは自信になった。

こだわらなかったら、この汚れはずっとここに残る。
見えない所にこだわって良かった。


中国から参加した経営者

経済発展が著しい現在の中国では、
経済の発展とは反比例するように、
精神が病んでいる経営者が増えている。

その解決策が、
この掃除道にあるように感じた。


サンパウロ市の市長

「美しいサンパウロ市」を掲げ、
自ら先頭に立ち、
市役所清掃部と共に
道路掃除や街灯のメンテナンス、
公園の整理・整頓を実施、
更に落書禁止の条例を実行する。

この運動により政治家の汚職や犯罪が減少し、
住む価値のあるサンパウロ市に変わることを願う。


------------

お知らせ

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

     PTA会長 櫛田武伯
posted by 明秀日立PTA at 18:03| 本部よりお知らせ

2017年08月21日

「清風掃々」 その3

茨城掃除に学ぶ会 代表世話人
塚越康男様より頂戴した冊子 「清風掃々」 その3


夜間定時制高校の先生

夜間定時制は、様々な環境を抱えた生徒が
17時から21時まで学校で学びます。
心の荒み、環境の乱れ、問題行動など、
荒れた現状と必死で向き合う日々です。

毎日の掃除の時間すらない学校の掃除を一人で始めました。

赴任四年目、
勇気を出して、一人の生徒に、
「トイレ掃除をしないか。」と声を掛けると、
「暇だし、いいよ。」と返ってきました。
大変嬉しかったです。

それから、21時過ぎ、
生徒と私の二人だけの掃除が始まりました。
回数を重ねるうちに、少しずつ仲間が増えました。

この感動を鍵山相談役にお伝えすると、
奇跡の来校が実現。

「今日はね、私はトイレ掃除より、
 あなた達に会いたくて来ました。」
と鍵山相談役がおっしゃった時の
生徒達の嬉しそうな顔、私は忘れることが出来ません。

掃除を重ねると、
「トイレ掃除なら、自分にも
 人を喜ばすことがことができるかもしれない。」と、
生徒自らの意思で、
出身中学校のトイレ掃除をするようになりました。

------------

お知らせ

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

     PTA会長 櫛田武伯

posted by 明秀日立PTA at 13:49| 本部よりお知らせ

2017年08月19日

「清風掃々」 その2

茨城掃除に学ぶ会 代表世話人
塚越康男様より頂戴した冊子 「清風掃々」 その2

中学校の先生

学校横の道路を清掃していると、
小学生から、「いつもご苦労様です。」
と頭を下げられた。

清掃は、
やならければいけないことでは有りません。
赴任当初、
「今日はどうしても無理。」
「来週から回数を増やそう。」
という状態でした。

夏休みに入り、
「やっぱり毎日やらなければ続かないのだ。」
と覚悟を決めました。

あの子は、「いつもご苦労様です。」
と言ってくれた。

掃除をする姿を見かけたとしても、
それが週一回や二回では、
「いつも」とは言ってくれなかったはず。
毎日掃除をしていたから、
姿を見かけなくても、
綺麗になっていたからこそ
「いつも」と言ってくれたのだろう。

あの子は、
友達と二人で通学するようになり、
「いつもご苦労様です。」
「いつもありがとうございます。」
と挨拶してくれるようになりました。

今日も、あの子達に会えるか
楽しみにしながら学校に向かっています。

------------

お知らせ

第2回 明秀日立掃除に学ぶ会
平成29年10月08日(日)開催されます。

     PTA会長 櫛田武伯

posted by 明秀日立PTA at 12:44| 本部よりお知らせ